競売代行

近年競売による物件で市価より相当安価な物件が競売として、出ております。これらには、一般の方では引き渡しまでの手続き等で困難な場合があります。
下記要領にて競売物件の代行を行います。

登録者は、法令を遵守しなければならない。

  • 入札手続きまで・・・5〜10万円(物件内容による。諸費用含む。)
  • 落札時・・・落札価格の3% (但し落札価格500万円迄は15万円)
  • 引き渡し時・・・落札価格の3% (但し落札価格500万円迄は15万円)
  • 裁判所での物件明細書の閲覧
  • 物件の現地調査
  • 関係機関での調査(法務局、市役所)
  • 価格査定、入札価格の決定
  • 入札書の記入、提出(入札者が法人の場合は資格証明、個人の場合は住民票
  • 入札保証金の銀行振込 最低価格の20%
  • 落札できなかった場合は保証金は10日以内に返還されます。
  • 次順位入札の次順位買い受けの申し出をします。
  • 同額入札者が複数の場合は、再入札となります。
  • 占有者が居る場合は当社が折衝をして退去の交渉を致します。
  • 近隣との隣地境界線の交渉、その他必要事項の交渉。
  • 残存物の処分交渉
  • 占有者との交渉で弁護士等の法的手続きが必要な場合はその実費を負担して頂きます。

売却許可決定が確定した日から1〜1.5ヶ月以内の裁判所が裁判所が定める期限までに代金納付をする。
(代金納付が郵送されてくる)

代金納付後2〜3週間で裁判所より登記済証(権利書)が交付されます。

 

 

当社でも不動産競売の代行業務をさせて頂いております。

競売代行の概要

競売による物件で市場より相当安価な物件が競売として出ております。 これらには、一般の方では引渡しまでの手続き等で困難な場合があります。
下記要領にて競売物件の代行業務を行います。

競売代行の内容

競売による物件で市場より相当安価な物件が競売として出ております。 これらには、一般の方では引渡しまでの手続き等で困難な場合があります。
下記要領にて競売物件の代行業務を行います。

  • 事前調査
  • 入札価格設定のアドバイスの情報提供
  • 手続きに必要な書類等の的確なアドバイス
  • 占有者との明渡し交渉
競売代行業務の流れ
@競売物件情報収集、提供
A競売物件調査依頼

物件調査手数料1件につき 52,500円 (依頼者ご負担金額)

B競売物件調査
  • 裁判所での物件明細の閲覧
  • 物件の現地調査
  • 関係機関での調査(法務局、市役所)
C競売物件調査報告

調査報告書作成

1.物件明細書
2.現況調査報告書
3.評価書
4.物件現況写真資料
5.入札書類一式

D入札意思確認(入札価格決定)
E競売代行業務依頼
F保証金振込み(最低売却価格の20%)
G入札
H開札

落札した場合:落札価格の3%+消費税(依頼者ご負担金額)
          ※但し落札金額600万円まで一律50万円

I売却許可決定
J残代金納付(保証金を除いた代金振込み)
K所有権移転
L明渡し交渉及び強制執行
M引渡し

落札価格の3%+消費税(依頼者ご負担金額)
※但し落札金額600万円までは一律50万円

 

裁判所に提出する添付書類等(住民票、登記簿謄本、収入印紙等)はお客様にて準備して頂きます。

物件によっては代行業務をお断りさせて頂く場合もございます。またそれ以前に頂いた競売物件調査手数料についての返金は致しておりません。
また、調査後入札を見合わせるようなアドバイスをすることもございますので予めご了承下さい。

代行業務の範囲は民事第3部(南部地区)に限らさせて頂きます。

経費(物件調査手数料、落札後の手数料を除く)
  • 保証金
  • 落札残代金
  • 登記移転費用
  • 不動産取得税
  • 登記簿謄本
  • 公課証明書・住民票等
  • 切手・収入印紙等
  • 管理費等滞納分支払い(マンションの場合)
  • 固定資産税滞納分支払い
  • リフォーム・メンテナンス料
  • 立退き料・強制執行に関わる費用(必要な場合)
  • 弁護士費用(必要な場合)

 

調査の申込は来店・電話・Eメールにて受付けております。
お気軽にご相談下さい。

 

 

きらび住宅株式会社
住所 那覇市田原1−4−5(小禄ジャスコ近く)
TEL 098−859−1771
Eメール kirabi@nirai.ne.jp
メニュー